image

新築マンションが良い理由

設備が新しく補償がある

新築マンションの良いところは、まず設備が最新であるという点です。部屋の中だけでなく、共用設備にも注目です。住まいのセキュリティーを重視する人も多いと思いますが、最新のものが導入されていますので安心感が違います。 部屋の中をみてもキッチン、お風呂、暖房施設などが最新ですので、暫くは故障の心配なく使うことができますし、省エネに配慮した製品であることが多いので光熱費の節約にもつながります。また、新築マンションですと10年は設備などが万が一故障してしまったときには補償がついていることが多いので、入居してしばらくの間は突然の出費などの心配はそれほどありません。何よりも綺麗な状態で入居ができることも良いです。

管理費や修繕積立金が安い

マンションは通常管理組合が組織されていますので、長期に渡っての修繕計画が所有者に定期的に報告されることになっています。新築マンションの良いところは、入居者全員がほぼ同じタイミングで入居しますので、長く住んでいる住人と新しい住人との軋轢などが起こりにくい状態です。また、建物自体が新しいために、毎月支払う管理費や修繕積立金は低く設定されていることが殆どですので、毎月の出費が中古物件と比較すると少ない可能性が高いです。 新築マンションは最初からそれほどメンテナンス費用もかかりませんので固定費が安いのです。今後の運営方法や住人の使い方にもよるところが大きいのですが、しばらくの間はそれほど心配しなくても良いところはメリットです。